噂のニュース速報

すぎやまこういち氏、今の日本は「メディア洗脳を受けていないネット世代の日本軍vsメディアを中心とした反日軍」

すぎやまこういち氏、今の日本は「メディア洗脳を受けていないネット世代の日本軍vsメディアを中心とした反日軍」

1 :◆newsSM/aEE @きよたろーφφφ ★:2012/09/29(土) 13:37:48.04 ID:???

80歳以上限定のオピニオン企画「言わずに死ねるか!」は『週刊ポスト』の名物特集。
今回は「ドラゴンクエストシリーズ」等の作曲家として知られるすぎやまこういち氏(81)が、中国・韓国との
領土問題に対する政府の対応に苦言を呈する。氏によれば、今の日本は“内戦状態”にあるという。
以下、氏の提言と分析である。

 * * *
この夏、国中を騒がせた尖閣諸島や竹島を巡る中国・韓国との領土問題に関して、政府の対応には憤り
を覚える。香港の活動家たちが尖閣諸島・魚釣島に不法上陸した事件では、彼らを逮捕したものの、
結局は強制送還して穏便に済ませてしまった。

こうした対応は世界の“常識”から外れている。どこの国でも領土を侵略されれば、とにかく取り戻しにいく。
話し合いで聞かなければ軍事行動に出る。国際法では、領海侵犯され、警告に従わない場合の射撃は
認められているからだ。

例えば韓国政府は、領海侵犯した中国漁船に対して発砲を許可している。人口2万人に過ぎないパラオ
共和国ですら、自国の軍隊を持っていないが、警察行動として、中国漁船を射撃して追い払おうとした。

しかし日本では、海上保安庁による射撃は正当防衛や緊急避難に当たる場合を除いて、原則認められて
いない。国力はどういう角度から見ても日本の方が強いのに、パラオでもやることをやらないのは、
本当に異常なことであると思う。

国家が国家の体をなすためには、自国の安全保障が第一であることは論を俟たない。国防がきちんとなされ、
国家の安全が保たれて初めて、我々国民の生活が成り立つのだ。然るに、最近、結党された
「国民の生活が第一」という党名には、椅子から転げ落ちるほど驚いた。
この政党の国防意識がどの程度のものか、推して知るべしだろう。

なぜこんな状況になっているのか。その理由について私は、今の日本国内が「日本軍vs反日軍の内戦状態」
にあるからだと考えている。

>>2へ続く
http://www.news-postseven.com/archives/20120925_144970.html

2 :◆newsSM/aEE @きよたろーφφφ ★:2012/09/29(土) 13:37:56.71 ID:???

一部のメディアを中心とした「反日工作」は、着実に進んでいる。例えば、公教育の場で愛国心を育てるため、
国家斉唱・国旗掲揚を行なおうとすれば、思想信条の自由を盾に、自国を愛する行為に「右翼」のレッテルを
貼り付け、否定的に報じる。

「脱原発」も同様である。有効な代替エネルギー案を示さずに、その運動だけを大きく取り上げる行為は、
産業立国である我が国の国力を削ぐキャンペーンだ。それに日本には、他の国では見られない、自国を貶める
「反日」の政治家がいる。それも与党・民主党内に少なくないのだから、嘆かわしい限りである。

だが、一部の輩やメディアがいくら「反日」を洗脳しようとしても、希望の光はある。それは、若い世代が新聞を
読まなくなったことだ。嘆く有識者は多いが、私は逆だと思う。

新聞やテレビといった既成メディアでは、真の「愛国者」たらんと発言すれば、「軍国主義者」や「右翼」と
レッテルを貼られ、攻撃の的にされるため、怖々しか発言できない。一方、ネットでの言論では国を憂いた
「日本軍」の方がやや優勢である。今後はこうしたネット世代の台頭が日本の政治を動かし、国を変える力と
なると感じている。

●すぎやま・こういち/1931年、東京都生まれ。東京大学卒。『亜麻色の髪の乙女』『君だけに愛を』
『学生街の喫茶店』など多数のヒット曲を手がける。ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズの全作曲も担当している
※週刊ポスト2012年10月5日号

5 :なまえないよぉ~:2012/09/29(土) 13:44:41.04 ID:uUVeJa0H

すぎやまさん、いい歳なのに若い考えを持ってますな

7 :なまえないよぉ~:2012/09/29(土) 13:48:35.71 ID:2BkHxMQ5

実際洗脳せれてる世代はどんどん死んでいくわけだがこの先どうする気なんだろうw
今のままで商売が成り立つとは思えない

15 :なまえないよぉ~:2012/09/29(土) 13:58:57.89 ID:TuwZPR54

この爺さんの言うことがまさに心理だな。

ネトウヨの正体ここにみたり。

ネトウヨ=世界的感覚からみた正常な国民=愛国者

いくら騙そう、洗脳しようと糞マスゴミカスが頑張ったところで、今までの多数派は死んでいくだけ。これからはネトウヨの純増が続くだけwww

せいぜい最後の悪あがきをしとくんだな。

16 :なまえないよぉ~:2012/09/29(土) 14:07:41.35 ID:7Ob+vwvN

すぎやまさん、たかが音楽家風情と思っていたが、見直したぜぃ
坂本某に爪の垢を煎じて飲ませてやりたいな

17 :なまえないよぉ~:2012/09/29(土) 14:08:16.06 ID:FFkhoSeX

すごい81歳。
やっぱ、感性を大切にする職業を糧としていた人は
年をとっても脳が若いな。
世の中をすっかり見通している。

20 :なまえないよぉ~:2012/09/29(土) 14:18:19.56 ID:Ftrn/B+y

この爺さん、当たってるww
“マスゴミの洗脳”とは良く言った。
日本は事実上、団塊の世代を中心にその前後から
サヨク“進歩的知識人”のマスゴミに、洗脳されてきた。
ちょうど中国人が中国共産党によって洗脳されてきたように。

アカヒ新聞他日本のマスゴミが代表しているのは団塊の世代の暗い情念だ。

戦後すぐ教育を受けたマスゴミの幹部の世代にとって、
平和憲法は絶対の善であり、社会主義は理想だった。
日本は非武装中立から社会主義に向かって「進歩」することになっていた。
しかしその後、彼らの嫌悪する資本主義がめざましい発展を実現する一方
、社会主義は挫折し、冷戦の終了でその勝敗は明らかになった。

民主党の首脳のような団塊の世代には、
学生運動で人生を棒に振った人も少なくない。
彼らにとっては、「戦後民主主義」を否定することは自分の人生に意味がなかったと認めることになる。
これは太平洋戦争の遺族が戦争を批判する「自虐史観」をきらうのと同じ心理である。
サンクコストを守ることは将来の投資の役には立たないが、感情を安定させる役には立つ。

こうしたバイアスは暗黙知(システム1)に深く埋め込まれているので、
論理で説得することはできず、世代交代するしかない。
自民の安倍総裁は団塊より後の世代なので、マスゴミが考えているような「右翼」ではなく、
軍事が国家のコア機能だという常識的な考え方に回帰しているだけだと思う。
その意味で、民主党から自民党への政権交代は、
団塊の世代との決別という意味が大きいのではないか。

21 :なまえないよぉ~:2012/09/29(土) 14:18:25.00 ID:r8s2f7Lv

正しいモノの見方だ

22 :なまえないよぉ~:2012/09/29(土) 14:18:38.67 ID:l2Ppf9T/

朝日新聞の記事は、ほとんどすべて正しく
朝日新聞の社説は日本の良心の代表である
と 老害世代たちは疑問もなく信じ込んでるからな。

24 :なまえないよぉ~:2012/09/29(土) 14:19:44.84 ID:yhjiWAiJ

このすぎやま氏の主張は一見、極端な様だけど、
日本の時事や社会に精通してる教養ある者なら、納得してしまうよな。
まあ、マスゴミは反日だけでなく保身もかなり入ってるね。

26 :なまえないよぉ~:2012/09/29(土) 14:35:04.66 ID:8zSgw32d

日本の年配者にもちゃんと現実を見ている人がいる。そういう俺も実は50をゆうに超えている。
他のスレでも書いたが、マスコミに踊らされないネット民の方がはるかに現実を知っている。
情報もすばやく仕入れ、自分の思いをストレートに表現する。愛国と言うより、憂国の思いだろう。
これがある以上、「日本はまだ沈まない」と俺は思っているし、感心もしている。
50代、60代の老人よ、もっとネットを利用したらいい。そして思いを発信したらいい。
そうしたら今の若者の思いが良くわかり、未来への希望となるだろう。

37 :なまえないよぉ~:2012/09/29(土) 15:07:21.41 ID:yNJbJEiP

ネット世代はマスコミの代わりにネットに洗脳されてるだけじゃ

38 :なまえないよぉ~:2012/09/29(土) 15:17:47.13 ID:0mACOUcC

>>37
ネットは糞既存メディアと違って、いろんな意見があるからねー。
糞既存メディアの連中は、もうすぐ滅びるよ。仕事もなくなる。^^

39 :なまえないよぉ~:2012/09/29(土) 15:20:30.72 ID:VvkcGIPM

すぎやまさんはネットしてるのかな?

40 :なまえないよぉ~:2012/09/29(土) 15:21:34.87 ID:6dI59Pe3

てかこんなじじいがこんな若い考え持てるものなのかw
普段どういう生活してんだろう

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
DigiPress
DigiPress

Return Top