噂のニュース速報

タンクローリーに巻き込まれた女性、「二度轢きはやめて」と泣きながら命乞い

タンクローリーに巻き込まれた女性、「二度轢きはやめて」と泣きながら命乞い

1: FinalFinanceφ ★:2013/07/04(木) 16:40:14.58 0 ID:

「轢かないで」。
6月30日午後1時半ごろ、河南省?陽市で起きた交通事故で、大型タンクローリーの下に巻き込まれた女性がこうしてタンクローリーのドライバーに命乞いをした。

事故はたまたま通りかかった市民カメラマン、聶志義さんの投稿で明らかになった。
女性が乗っていた電動スクーターが交差点付近でタンクローリーと衝突・転倒し、女性はタンクローリーの下に巻き込まれた。
タンクローリーはすぐに止まり、ドライバーが降りて様子を見ていたが、再び立ち上がった瞬間、顔が血まみれの女性が、泣きながら「轢かないで」と哀願したという。

女性はその後、通行人が呼んだ救急車で病院に運ばれた。
命に別状はなかったが、女性が発した一言が波紋をよんだ。
中国では近年、事故を起こした運転手は、被害者が生きて入院すると、高額な賠償金を請求されることから、被害者を二度轢きし死亡させるという事件が度々起き社会問題になっている。
女性の「轢かないで」も「二度轢きはやめて」という必死な命乞いであった。

ネットでは、
「前例があるから、怖いんだ」
「言葉に言い表せないほど悲しい」
「人間性の喪失、社会の悲話」
などとやるせない気持ちをつづったコメントが多数寄せられている。
http://www.epochtimes.jp/jp/2013/07/html/d46197.html

3: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 16:41:48.77 0 ID:

よしわかった、と首を刃物でばっさり
6: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 16:43:59.21 0 ID:

法律どないなっとんねん
8: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 16:45:41.73 0 ID:

二度轢きって、それはもう事故ではなく殺人じゃねーの?
10: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 16:47:25.01 0 ID:

殺してしまった方が後が楽だから当然あるよ
11: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 16:47:49.91 0 ID:

日本でも30年くらい前には冗談半分で2度轢いて殺せとか言ってた
24: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 17:03:18.27 O ID:

>>11

もっと後にもあったぞ
市場の中で大型トラックが人を轢いて、まだ生きてたからバックして止めを刺した
目撃者が居たからバレたし、会社が二度轢きを指導してたことも発覚した
でもいまだにその会社のトラックはよく走ってる

68: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 22:53:29.64 0 ID:

>>11

かなり社会問題になってたよな
連日TVで見たし、週刊誌はこれの話題ばっか
子供の時だったんで親に無茶苦茶注意されて、成田のテロリストと
ソ連の脅威並みに怖かった

しっかしGDPで日本を抜いたとかほざくシナチクは
金だけ持ってて文化は30年遅れってみっともない成金もいいところだな

12: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 16:48:45.79 0 ID:

命が安い国ならではの話だな。日本じゃ殺した方が高くつくからな。
13: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 16:49:02.91 0 ID:

狂いすぎワロタ
二度轢きなんてわざとやるもんじゃないのにこれが中国クオリティーか
16: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 16:50:03.66 O ID:

日本でもトラックに引かれると止めをさしにくるって噂があるけど 本当かいな?
29: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 17:10:22.75 0 ID:

>>16

中国人ドライバーならやりそう

18: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 16:50:52.25 0 ID:

タンクローリーに轢かれても元気なんだな
20: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 16:55:32.65 0 ID:

最初の事故は無意識のうちに終るだろうけど、二度目に轢かれる時はどんな気持ちになるのかな? 
23: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 17:01:53.38 0 ID:

日本も高度成長期の、交通戦争時代は、
轢いてしまったら二度轢きして処分しないと、会社に運転手が叱られたという。そういうことが今でも輸送業界の地位が低い一因でもある。
そういう悲劇のなか、交通遺児のため、あしなが基金が生まれた。
27: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 17:07:48.07 0 ID:

これが大陸思考
36: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 17:36:45.84 O ID:

>>27

実は中国人じゃなくて、外人の仕業なんだけどね。
ひき殺して、地元へトンズラしているそうだ。
中国人だと、死刑になる可能性があるから、素直に通報、「金は無い」と居座る。

43: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 18:05:51.44 O ID:

>>36

外人が地方にトンズラとかイミフなこと言ってんなよ

76: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/05(金) 02:24:33.46 O ID:

>>43

地方じゃなくて、地元、故郷な。自分の国に帰ってしまえば何の問題もなくなる。中国とはそういう国なんだ。

31: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 17:13:21.51 0 ID:

これは・・・日本でもどこでも昔から多々ある話だな。
後遺症含め生涯賠償し続けるより、一度の賠償で済ませたいと考える者もいる。
34: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 17:29:57.36 0 ID:

まだまだ人口は多すぎるアル
42: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 17:57:18.37 0 ID:

中国はまだヒャッハーの世界
44: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 18:09:15.50 0 ID:

怖すぎるw
47: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 18:22:19.76 0 ID:

なんか笑えないような事件がよくおきる国だなあ
中国人と韓国人の思考回路はほんとにわからん
49: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 18:27:47.23 P ID:

次は「訴えないことを条件に二度轢きしない」って約束させられそうだな。
50: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 18:57:52.96 0 ID:

えっ被害者が死ねば賠償責任が消えるのか?
53: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 19:21:00.37 0 ID:

>>50

生きていれば、死ぬまで青天井で金を要求される。
殺してしまえば、裁判で提示された金額で終了する。

55: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 19:32:47.10 0 ID:

トラックにはねられると助からないからもう一度ひかれてとどめをさされるって実話だったのか。
57: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 19:41:08.08 0 ID:

>>55

助かってるじゃんw

59: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 20:15:28.49 O ID:

そういや競走馬輸送車は、人を轢いての賠償金よりも、競走馬を傷つけることの賠償金のほうが高いから、緊急時は遠慮なく人を轢いてから競走馬に傷つけないよう安全に停車する、って聞いたことがある。
60: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/04(木) 20:22:47.96 O ID:

中国は死人に口無し
をマジで実践できるからな
73: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/05(金) 00:58:22.80 0 ID:

胸の辺りがムカムカしてきた….
77: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/05(金) 02:33:02.29 P ID:

おいら むかし前の車が刎ねた ヌコの止め刺したことある

桜の木のしたに埋めてやったけどね 翌年からきれいな桜みるたびにヌコ思い出すよ

78: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/05(金) 03:59:53.70 P ID:

二度轢きって何よ?と思ったら中国の話と聞いて合点がいった

切ねぇ・・・

81: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/05(金) 13:20:11.26 0 ID:

文化だな・・・
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1372923614/

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
DigiPress
DigiPress

Return Top