噂のニュース速報

映画も大ヒットした人気“風呂”マンガ「テルマエ・ロマエ」 次号で3年の連載に終止符

映画も大ヒットした人気“風呂”マンガ「テルマエ・ロマエ」 次号で3年の連載に終止符

1: ◆GinGaOoo.. @銀河φ ★:2013/02/12(火) 02:15:49.27 ID:

テルマエ・ロマエ : 次号で3年の連載に終止符 映画も大ヒットした人気“風呂”マンガ

 俳優の阿部寛さん主演で実写映画化されたヤマザキマリさんの人気“風呂”マンガ「テルマエ・ロマエ」が3月12日発売の「月刊コミックビーム」(エンターブレイン)13年4月号で最終回を迎えることが明らかになった。
12日発売の同誌13年3月号で発表されたもので、3年間の連載に終止符を打つ。

 「テルマエ・ロマエ」は、同誌10年4月号から連載をスタート。
コミックスは5巻まで発売されており累計発行部数800万部を突破している。
10年に「マンガ大賞2010」と「第14回手塚治虫文化賞短編賞」をダブル受賞した。

 紀元前のローマに生きる浴場専門の設計技師ルシウスは、昔ながらの浴場建設を提案したが採用されず、職を失ってしまう。
そんなとき、気をまぎらわせるために行った公衆浴場で、周囲の騒がしさに耐えかねて湯に潜ると、なぜか奇妙な排水口に吸い込まれる。
なんとか水面に顔を出すと、そこはなぜか現代日本の銭湯だった……という展開。
12年1月にテレビアニメ化されたほか、12年4月に実写映画化され、続編の映画「テルマエ・ロマエ2」が14年初夏に公開予定。

 3月号に掲載されている最終回直前の第37話ではルシウスを追って温泉に飛び込み、古代ローマにたどりついた「平たい顔族」の女性・さつきの姿が描かれている。(毎日新聞デジタル)

「テルマエ・ロマエ」のカット(C)ヤマザキマリ/小学館


MANTANWEB(まんたんウェブ) 2013年02月12日
http://mantan-web.jp/2013/02/12/20130211dog00m200021000c.html

エンターブレイン BEAM COMIX「テルマエ・ロマエ」公式サイト
http://thermaeromae.com/

2: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 02:23:06.07 ID:

ビーム大丈夫か
原発幻魔みたいなへんなの食わせられるのか
3: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 02:31:15.56 ID:

さすがにネタが尽きるだろ。
5: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 02:39:00.41 ID:

え~
これから儲ける所だろ
商業作家がそれで良いのかよ
7: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 02:40:35.05 ID:

>>5

一発ネタでウケたようなもんだからな
この手の漫画はよほど作者に力量無いと早晩ネタ切れて一気に面白くなくなる
デトロイトメタルシティとかも同じ

6: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 02:40:01.00 ID:

出落ちみたいな内容だったけどワリと続いたな
8: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 02:41:13.48 ID:

4巻から急激につまんなくなった
9: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 02:51:21.50 ID:

最初しか読んでないが、途中からつまらなくなってたのか…
10: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:10):2013/02/12(火) 03:00:42.39 ID:

話を追うごとにつまらなくなったよな。
つーか、設定的に長く持たないのは目に見えてたし丁度良いんじゃない。
11: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 03:19:28.14 ID:

まあ 何とか続けたけどぼちぼち限界だろ。
現代側の女と絡みだして時点で、もうダメだなと思ったよ。
おつかれさん。
13: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 03:23:54.70 ID:

仕方ないな
14: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 03:27:21.96 ID:

恋愛ネタぶち込んだ辺りやっぱ女ってクソだわ
16: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 03:40:47.20 ID:

アニメは面白かった 原作は詰まらんのかよ
18: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 03:47:35.16 ID:

>>16

アニメでは進まなかった辺りがつまらんのよ。
現代日本のありえん才女が出てきて急激につまらなくなった。

17: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 03:41:18.46 ID:

今の世の中は流れが速い。まさにスマートというか。

ヒット→赤地にならない内に次へ→少ないリスクで次を探す

こんな風なパターンが多い。ブランドや名で売るのが難しい時代と言えるかなあ。

19: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 03:56:22.95 ID:

あきらかに映画のために書きましたみたいな話だったからな
露骨な引き伸ばしでもあったし
これに限らずサクッと面白いまま終わるのは難しいね
21: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 04:00:31.89 ID:

1巻目は目新しくて面白かった。
2巻目は、そのネタで引っ張れるのか?ってのがあって興味があった。
3巻目からは…同じパターンの繰り返しで…うん、まぁ…。

明らかに一発ネタだったからなぁ…
2巻、3巻と続けられただけでもすごいと思う。

24: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 04:44:46.90 ID:

設定オチに近いと思うんで1巻だけだったら見事だったろうに。
色々な事情があるんだろうなぁ。

この漫画家は致命的に人物の動かし方がヘタ。
紙芝居がえんえん続く感じ。

でもこれだけ売れたのはやっぱスゴい。
ダンナのモーヒー化だけが不安w

59: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 11:56:00.60 ID:

>>24

折角の連載なんで、風呂を口実に自分の書きたいローマ人の漫画を描いてたんだろ。

タイムスリップして来たローマ人が、寂れた温泉街で奮闘ってネタは、これじゃなくて、
独立した別の漫画としてやって欲しかったな。
あれ、もったいないよ。

29: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 06:10:26.49 ID:

末期のビーバップみたいに長引かせるよりはマシ。

あれは酷かった、毎週体育館裏でのトークばかりだった。

30: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 06:34:24.36 ID:

>>29

正面顔と斜め上引きの絵コピペが延々続くのでクラクラしてくるよなw

31: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 06:49:38.60 ID:

1巻は銭湯、温泉、家風呂と日本人になじみの深いものを題材にしてたから面白かったけど、2巻以降は明らかにネタがなくなって急激につまんなくなった。
35: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 08:27:51.75 ID:

間のコラムのほうがメイン、とは言い過ぎか
36: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 08:51:33.25 ID:

アイデアは悪くないし、後半ダレてきたけど、なかなか面白かった
いい潮時だとは思う
39: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 10:05:20.28 ID:

無理に延長しない当たりが流石と言うべきか
41: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 10:14:55.78 ID:

もっとはやく終わるべき漫画だったけど
映画だの何だので続けざるを得なかったんだろーな
まあそれでも長期連載してもっと稼ごう的な色気出さずに
このタイミングでキッパリ終わるのはいい事だわ
53: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 11:17:31.36 ID:

完全にネタが尽きてたからな
読んでて違和感凄いあった
映画もあれだったし…
54: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 11:26:09.53 ID:

一発あてて知名度あげたから、あとは紀行モノや海外エッセイネタで稼いだらいいんじゃないかな そういうのほうが得意そうだし
58: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 11:40:01.16 ID:

>>54

もう出してるんだけどね

60: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 12:00:07.62 ID:

引き際を誤った作品の一つだなぁ
62: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 12:50:49.96 ID:

そういえば、ヤマザキマリは古代ローマ戦記漫画を書きたいらしいが、
コミックビームから引き抜かれるのだろうか。
65: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 14:41:04.19 ID:

NHKBSでアジアで働く女を取材する番組を持ってて驚いたわ
この人西原みたいにテレビに出て「ちょっと一般人と違う視点でコメントする文化人(?)」枠で稼ぎそうだわ
69: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 15:39:35.16 ID:

塩野なんとかといい、イタリア人と結婚したらローマ崇拝者になるよね
71: なまえないよぉ~:2013/02/12(火) 16:50:43.81 ID:

映画2作目公開にあわせて再開するのに1000ペリカ
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1360602949/

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
DigiPress
DigiPress

Return Top